居酒屋でのアルバイトは、客が求めるサービスレベルが高いので大変です。反面、様々な成長にもつながります。

居酒屋のアルバイトは将来役に立つ!

居酒屋のアルバイトが大変な理由

居酒屋でのアルバイトはどうも厳しいイメージがあります。
深夜のシフトがありますし、お酒を飲む場なので色々な客も来ます。
また、仕事内容が多く、忙しい時間帯も長いので効率も求められ、接客についても高度な技術が求められると思うからです。
夜が遅い、朝までのアルバイトといえば、居酒屋だけではなく、カラオケ、コンビニなどもあるでしょう。それでも、これらに比べても居酒屋のほうが時給が高く、仕事内容が難しい場合が多いと思います。


個人的な感覚ですが、カラオケ店、コンビニなんかには、コミュニケーション能力がなさそう、といったつまりは接客態度が良くない店員が勤務しているイメージがあります。
もちろん皆がそうというわけではないのですが、そういう店員がいても、「仕方ないか」といった感じで割と許せるということです。
一方居酒屋の客目線で言うと、あまりそういった店員は多く見ないなあという感覚がありますし、反対に、笑顔がない、呼んでも来るのが遅い、声が小さい、ぶっきらぼう、など、接客態度が悪い店員がいたら、とても嫌な気分になりますし、許せません。「もう来なくていいや」となります。
カラオケ店、コンビニ店よりも、客と接する機会が多いですし、いつのまに客が求める店員の接客サービスレベルが上がってしまっていることが背景かと思います。
というわけで、居酒屋でのアルバイトはとても大変なものですが、そんな大変なアルバイトを経験することは、接客能力を始め、作業を効率よくこなす力や、周りを広く見る力など、様々な成長につながるのではないかと思っています。

Copyright (C)2017居酒屋のアルバイトは将来役に立つ!.All rights reserved.